若いチャットレディ

最近、ライブチャットサイトで「パフォ」なんて言葉が使われることがあります。いったいパフォとはなんだろう、と首を傾げる人もいるでしょうが、これはライブチャットパフォーマーの略で、チャットレディの別名です。若い女性の間では、デザートのことをスイーツなんて言いますから、それと同じように同じ意味合いの言葉が進化したものだと思ってください。

チャットレディというより、ライブチャットパフォーマーと言った方が、なんとなく格好いい響きをしているから使われているのでしょう。ですので、女性が自分のことをチャットレディではなくパフォと呼んでいたとしたしても、同じ意味ですので戸惑うことはありません。ちなみに、チャットレディもチャトレと略されます。

恐らく、若いチャットレディほどチャトレではなくパフォという言葉を使うと思います。19歳の女子大生など、若い人もたくさんライブチャットサイトにはいるものです。「パフォなんてわけのわからない言葉を使って、若い子とは会話がかみ合わないから嫌だ」などと思う男性もいるかもしれませんが、意外と歳の離れた人と話すのも新鮮で楽しいはずです。自分の周りにはいないタイプと話のがライブチャットの醍醐味でもあるのですから、若いというだけで敬遠せずに、チャットを楽しんでみてはいかがでしょう。

10代こその魅力を楽しむ

女性というのは、年を重ねるほどにきれいになる人もいますが、10代の女性というのはやはり肌がきれいです。20代を過ぎると、人によってはあっという間に肌が荒れてくるものなのです。ライブチャットはカメラで相手の顔を見えますから、肌のきれいさはその目でわかることでしょう。また、まだ世間慣れしないこともあり、幼い雰囲気を持っています。まるで10代とは思えないような大人びた女性も最近は増えていますが、やはりしゃべってみると年相応だったりするものです。ライブチャットでは、そういった10代ならではの魅力を持った女性と、一対一で話をすることができるんです。

せっかく10代とライブチャットを楽しむなら、高校の制服を着てもらうなどコスプレを楽しむと良いのではないでしょうか。自分の学校の制服をまだ持っているという人は多いものです。なんだったらコスプレ用の制服をプレゼントするのも良いですね。住所を教えるのはためらう女性が多いですから、郵便局留で郵送するから次にチャットをするときに着てよと提案すれば、次につなげることも可能です。